INDUCTION & COMPLIANCE MADE EASY

What is an Incident Report? – Japanese

Incident report

Share This Post

理解しやすいインシデントレポートについて

インシデントレポートとは?

インシデントレポートは、職場で何か異常なことが起こったときに記録として作成する日記のようなものと考えてください。これは事故、危うく事故になること、または何か奇妙な出来事である可能性があります。これらのレポートは、何がうまくいかなかったのか、将来どのようにそれを防ぐかを企業が理解するのに役立ちます。

主なインシデントレポートの種類は?

  1. 事故: 誰かが傷を負ったときに作成されます。
  2. セキュリティ: 何かが盗まれたり、例えばハッキングのようなセキュリティ問題が発生した場合に作成されます。
  3. 露出: 例えば化学物質に誤って触れるような場合、このレポートが作成されます。
  4. インシデント: 職場での一般的な出来事、軽傷や従業員に影響を与える他の問題をカバーするレポート。

いつインシデントレポートを作成すべきか?

安全が確保されたらすぐにインシデントレポートを作成してください。これにより、何が起こったのかを皆が鮮明に覚えている間に、レポートを非常に正確に作成することができます

何を報告すべきか?

  1. 大きな事故: 自然災害、火災、大きな職場の事故など。
  2. 薬や機器の問題: 薬の問題や機器の故障に関連する問題。
  3. 危うく事故になること: 何かがうまくいかなかったが、事故は発生しなかった場合。
  4. 安全でない出来事: 誰も傷ついていなくても、何かが安全でないと感じられる場合。
  5. 良い行動: 従業員が素晴らしいことをした場合、それを報告して他の人が学べるようにしてください。
Incident Reporting

インシデントレポートの作成方法は?

インシデントレポートの作成ガイド:

  1. 報告者に基本情報を提供してもらい、事故の時間と場所、財産の損失、けがのタイプ、事故が発生したときの活動について説明してもらいます。
  2. 事故による損傷やけがの詳細を詳しく説明してもらいます。可能であれば、彼らの主張を証明する証拠として写真を追加してもらうことも考えられます。
  3. 彼らに被害を受けた従業員の情報、つまり彼らの名前、役職、関連するその他の情報を提供してもらいます。
  4. 彼らに目撃者を特定させ、それらと彼らの声明を記録します。目撃者からの情報は、何が事故につながったのか、被害者の行動が直接事故や損害/けがに影響を与えたかどうかを理解するのに役立ちます。彼らの声明をそのまま記録するか、言い換えることもできます。彼らの声明/情報を確認するために彼らの署名を求めることも決定できます。
  5. 事故の後に是正措置を取り、再発を防ぐようにします。インシデントレポートフォームには、管理者が調査結果、採った措置、導入された改善を入力するための是正セクションが含まれている必要があります。

会社によっては、インシデントレポートの形式が異なる場合があります。彼らは職場の事故に関するレポートの作成手順を設定することができます。マネージャーとして、すべての従業員が彼らの作業環境で正しくインシデントレポートを作成する方法を知っていることを確認する必要があります。このプロセスは、手動で行う場合にのみ複雑になります。

なぜ"Induct For Work"というソフトウェアを使用してインシデントレポートを作成するのか?

インシデントレポートの作成は、詳細な文書化が必要であり、手動で行う場合は複雑で時間がかかることがあります。しかし、”Induct For Work”を使用すると、インシデントレポートの作成を簡単にし、フォームの作成に費やす時間を節約できます。これにより、電子署名の収集、写真証拠の添付、インシデントレポートの便利な保管、あなたの会社の報告のガイドラインへの従業員の導入など、自動化されたワークフローを通じてプロセス全体が簡略化されます。

インダクションとインシデントレポート

オンラインインダクションをインシデントレポートと組み合わせることで、組織の時間とリソースを大幅に節約できます。これにより、採用前のドキュメント収集、トレーニング、オンボーディング、インシデントレポートのすべてを1か所で管理することができます。

マネージャーや雇用主として、新しい従業員が自分たちの新しい作業環境に関するすべての必要な情報を持っていることを確信することができます。これには、会社の標準、期待、手続き、必要なタスクなどが含まれます。

何千もの組織が”Induct For Work”を使用している理由は次のとおりです。

  1. 時間効率: インダクションはビジネスのスムーズな運営に貢献しますが、多くの時間がかかることがあります。オンラインインダクションソフトウェアを使用すると、数秒で契約者、下請け業者、すべての従業員のインダクションを管理することができます。すべてのインダクション記録、文書、管理情報を1か所で管理する必要がなくなります。
  2. コスト効率: 時間はお金であり、このソフトウェアは時間効率が良いため、コスト効率も良いと言えます。これにより、ビジネスは現場でのインダクションに関連する不要なコストや隠れたコストを削減できます。大規模なグループインダクションの場所をレンタルする必要はありません。
  3. 組織の安心: “Induct For Work”を信頼して、労働者のインダクションが一貫して品質を保っていることを確認できます。従業員のトレーニングを簡単に追跡し、監視することで、彼らがトレーニングを理解しているかどうかを確認できます。
  4. 生産性: 時間とお金を節約し、効果的なインダクションを提供し、より便利な管理方法を提供することで、オンラインインダクションソフトウェアは組織の生産的な習慣を向上させるのに役立ちます。

インシデント レポートの詳細 – incident reporting

More To Explore​

OSHA, Electrical Hazards
OHS

Electrical Hazards

Across the diverse landscape of American and Canadian industries, from the heat of construction sites to the dynamic environment of

Workplace hazard RF Radiation
OSHA

RF Radiation

Incorporating the dangers of Radio Frequency Radiation (RFR) into discussions about electrical hazards in American and Canadian workplaces brings a

customer service

ONLINE DEMO

We’re committed to your privacy. Induct For Work uses the information you provide to us to contact you about our relevant content, products, and services. You may unsubscribe from these communications at any time. For more information, check out our Privacy Policy.